スポット便とは、あらかじめ稼働時間と料金が決められた配送形態です。

チャーター便と混同されがちですが、チャーター便は走った距離(荷物を積んでから降ろすまで)で運賃が決まり、スポット便は稼働時間や仕事単位で料金が決まります。

実際にスポット便で働く前に注意点をまとめましたので、参考にしていただければと思います。

スポット便だけで生計を立てるのは至難の業

最近は、ピックゴーやウーバーイーツなどに代表されるギグエコノミー系の配送が増えている事からスポット便で働くドライバーが増えています。

ただ、スポット便だけで生計を立てようとするのは危険です。

というのも、スポット便の契約期間は大抵数時間から長くて一日という短い期間での契約になる為、かなり不安定な働き方になります。

スポット便は、言うなれば運送業の派遣のような働き方です。

繁忙期(3月、7月、8月、12月)であればスポット案件も増えるのでまとまった収入になりますが、それ以外では案件の取り合いになりますので、仕事を受注することも難しくなります。

巷では、ピックゴーだけで今月30万稼げたぜぇ~、などと自慢しているドライバーもいますが、しっかりと一年を通した収入を見越して仕事にあたるようにしましょう。

料金の目安は半日1万円

pickgo案件依頼画面

スポット便の料金の目安は半日(4時間~5時間拘束)で1万円になります。

時間給で言えば、2,000円が目安になります。

A地点からB地点まで配送していくらという料金形態の場合には、A地点からB地点までいくのにどれくらいの時間がかかるのか計算して料金相場を見る必要があります。

例えば、埼玉県加須市で荷物を積んで神奈川県横浜市までは高速道路を使って4時間~5時間の配送時間がかかりますが、その際の料金が1万円であれば相場通り、8千円だと安いということになります。

どうしても案件の取り合いでスポット便の料金は低く設定されがちですが、なるべく相場以下の仕事はせずに稼働時間当たりの収入を上げることを意識しましょう。

ただ、ピックゴーなどでスポット便を場合には、最初は自分の配送実績を作るために低単価の仕事を引き受けることも大切です。

宅配便系のスポット案件には注意

スポット便の中には、個人宅へ配達する宅配便系の案件(午前中のみ稼働でいくらという形態)もありますが受けるのは慎重になりましょう。

宅配便の案件は慣れるまでに2~3ヵ月必要とする、軽貨物配送の業務の中でも非常に難易度が高いものになります。

※一般的には宅配便の案件は一個配達して150円という収入形態になりますが、スポット便だと時間単位で案件の発注が行われることになります。

また、慣れない土地での個人宅への配送では誤配も多く発生します。

地図やナビを見ながら単距離の配送を繰り返すことになるので、事故のリスクも上がります。

宅配便のスポット案件を受ける際には、くれぐれも注意するようにしましょう。

スポット便はどこから受注するのが得策か?

冒頭でもご紹介したように最近ではスポット便というと、ピックゴーやウーバーイーツ、アマゾンフレックスなでのギグエコノミー系の案件で探す方が多いかもしれませんが、現在では案件に対してドライバーの数が多い状況でかなり競争率が高く案件を獲得するのは難しい状況です。

おすすめは委託業者に所属しスポット案件を振ってもらう働き方です。

委託業者とは、軽貨物の事業者を束ねる営業会社になります。

希望の配送条件(収入・時間帯・職種)などを提示すると、スポット案件を紹介してくれます。

委託業者の利益は、軽貨物事業者への紹介報酬で成り立っているので積極的に仕事を紹介してくれます。

手数料分は引かれてしまいますが、安定した仕事量を確保する事ができます。

ただ、委託業者の中には実績のない所も多く、言葉巧みにドライバーを確保している所もあるので所属する委託業者には注意が必要です。

スポット便を積極的に受けて収入に上乗せしていこう

スポット便(軽貨物)の仕事内容まとめ
  • スポット便だけで生計を立てるのは難しい
  • 料金の目安は半日(4時間~5時間)で1万円
  • スポット便は委託業者から紹介してもらう

スポット便はあくまでも補助的な副収入と捉えて、それ以外にもチャーター便やレギュラーのお仕事もこなすようにしましょう。

スポット便のおすすめは、月曜日~金曜日までレギュラーの仕事を行い、土曜日の午前or午後にスポット便を半日行うという働き方です。

そうすると一ヶ月にスポット便で4万円~5万円の収入を積み上げることができます。

委託業者に所属すると手数料が引かれてしまうと考える方もいらっしゃいますが、長い目で見ると精神的な安心感を得ることができます。

それでも自分で案件をバシバシ獲得していくんだ!という方は物流倉庫などに営業しに行ってスポット案件を獲得していけばいいですが、そうではなく安定して稼いでいきたいと考える方は委託業者からスポット案件を紹介してもらうことをおすすめします。

Twitterでフォローしよう