軽貨物ドライバーの経費内訳表(一ヶ月)

ガソリン代20,000円~60,000円
保険代10,000円~15,000円
オイル交換代4,000円~5,000円
携帯代6,000円~10,000円
車のローン代25,000円
駐車場代10,000円
合計75,000円~100,000円

ガソリン代は案件によって大きく変わってくる

ガソリン代は案件によって大きく変わってくる

経費の内訳を見るとガソリン代に大きな開きがありますが、これは案件によってかかってくるガソリン代が大きく変わるためです。

例えば、宅配の案件を主に従事するドライバーであれば一日の走行距離は40km~50km程度ですので一ヶ月20,000円程度のガソリン代で済みますが、チャーター便を主に従事するドライバーであれば一日の走行距離は20km~300kmとなり、一ヶ月のガソリン代は60,000円程度かかることもあります。

このようにフリーランス軽貨物ドライバーの仕事はガソリン代によって大きく左右されるビジネスモデルになります。

ガソリン代削減の為に、各ガソリンスタンドが発行するガソリンカードを作ったり、燃費の良い軽貨物自動車に乗り換えたり、自宅からなるべく近い職場を探すなどの工夫をすることが大切です。

また、エコ運転やエアコンの使用をできるだけ控えるなどの努力を行っているドライバーもいます。

営業用ナンバーの任意保険代は高い

任意保険代もバカにならない経費となります。

任意保険代に関しては等級や保険会社によって変わるので一概に言えませんが、例えば東京海上日動の6等級(初めて加入する人は6等級から)の料金は年間145,150円(月々12,700円)になります。

ただし現在、自動車を所有していて任意保険に加入済みであれば等級の引継ぎによって低い等級で保険に加入することも可能です。

ちなみに自賠責保険に関しては、普通の料金と変わらず13,000円(12カ月)ほどになります。

営業用ナンバーの任意保険代に関しては別ページで会社ごとにシミュレーションしましたので、そちらのページをご覧ください。

オイル交換はこまめに行いましょう

オイル交換はこまめに行いましょう

オイル交換の費用が4,000円~5,000円かかってきますが、ここはケチらずにこまめに行うようにしましょう。

軽貨物自動車のオイル交換の目安は走行距離3,000km~5,000kmになります。

宅配ドライバーであれば二ヵ月に一度のオイル交換で構いませんが、主にチャーター便を中心にしているドライバーは一ヶ月ごとにオイル交換を行うようにしましょう。

そもそも自動車におけるオイルの役割とは、エンジンの冷却効果、洗浄効果、防錆効果などエンジンを正常に動かすための潤滑油としての役割を担っています。

オイル交換を怠れば、エンジンに支障をきたし、最悪の場合、自動車が急に動かなくなり、エンジンの載せ替えが必要になることもあります。

軽貨物自動車の場合、エンジンの載せ替えとなると、費用は約250,000円ほどかかってきます。

日々の業務にかまけて、オイル交換をなおざりにして業務中に仕事に支障をきたしたドライバーを何人も知っています。

オイル交換をこまめに行う事で、自動車の耐久性や燃費も向上します。

携帯電話は必須(できればスマートフォン)

軽貨物ドライバーにとって携帯電話は荷主や配達先との連絡に欠かせませんが、月々の料金はプランやキャリアによってまちまちですが一般的には6,000円~10,000円程度の料金となることが多くなっています。

ただし最近では、楽天モバイルやマイネオなどの格安SIMも登場し、さらに携帯代金は引き下がっています。

経費削減のために、格安SIMの使用も検討してもいいでしょう。

なお携帯電話はガラケーでも仕事はできますが、マッチングアプリを使った案件の取得考えているのならアプリ操作が必要になるのでスマートフォンが必要になります。

⇒ 軽貨物マッチングアプリ比較

一番の経費は軽バン購入費(レンタル代)

軽貨物運送事業では軽バンと言われる軽自動車が必須になりますが、経費としては一番大きな割合を占めます。

価格に関しては新車や中古車、車種、型式によっても変わってくるので一概に言えませんが、軽バンを中古で購入すると月々のローン代は最低でも25,000円は必要になります。(新車であれば35,000円程度)

ただし、既に軽バンを所有しているのであればわざわざ購入する必要もなく、営業用ナンバーの取得のみで稼働することができます。

また、購入以外にも軽貨物委託業者によっては軽バンのレンタル事業も行っているとこもあります。

最初、軽貨物の仕事がどんなもんか体験したい人はいきなり軽バンを購入するのではなく、レンタルでスタートすることをおすすめします。

⇒ 軽貨物配送で使えるおすすめ軽バンランキング

経費にはならないけどバカにならないのが食費

経費として計上する事ができませんが、毎日の食費もバカになりません。

軽貨物ドライバーは、毎日朝早く出勤する為、朝食・昼食をコンビニやファーストフードなどで済ます人が多くいます。

そうなると、食費に毎日1,000円程度かかることになり、一ヶ月25日稼働で25,000円の出費となります。

もちろん、朝早く起きて自炊して、朝食と昼食のお弁当を作るなどすれば食費は大きく削減することができますが、毎日の配送業務をこなしつつ自炊を行うのはかなり大変です。

毎日でなくても、ある程度の自炊を意識するだけで食費は削減できますので、無駄な出費はできるだけ削減する努力をしましょう。

現金で経費を支払ったら領収書をもらいましょう

配送業務にかかった経費分の領収書は必ずお店からもらい、保管しておきましょう。

これは確定申告と言われる、毎年2月16日~3月15日までの1か月間で一年間(1月1日~12月31日)の収入、支出(経費)、医療費などを税務署に提出しますが、その後何かの間違いで税務調査が行われる場合に過去の領収書が必要になるためです。

確定申告では、領収書の提出は行いません。

ちなみにガソリンカードや、クレジットカードで経費を支払った場合には領収書の保管は必要なく、クレジットカードの支払い明細が領収書の代わりとなります。

軽貨物ドライバーが一ヶ月にかかる経費は75,000円~100,000円

軽貨物配送で考えられる経費

ガソリン代/オイル交換代/携帯代/車のローン/駐車場代/自動車保険/軽自動車税/車検代/医療費/雑費/事務用品費/交際費

フリーランス軽貨物ドライバーが一ヶ月にかかる経費は75,000円~100,000円になります。

その他、年間を通し見ると自動車保険・軽自動車税・車検代・医療費・雑費・事務用品費(ボールペン、ノート、クリップなど)・交際費なども必要になります。

オイル交換代や携帯代・車のローンなど削減できない部分は仕方がありませんが、ガソリン代や日々の食費など努力で削減できる経費ついては積極的に削減して、利益を残していきましょう。

Twitterでフォローしよう