軽貨物ドライバーとして稼働するには『フリーランスドライバー』と『委託ドライバー』のどちらで稼働するか最初に決めることになります。

どちらも個人事業主として軽貨物配送業に取り組むという意味では同じですが、それぞれメリットとデメリットが違います。

それぞれの特徴や最近の動向などをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

フリーランスドライバーは一人親方

フリーランスドライバーのメリット
  • 自分で仕事量を決めることができす
  • 1案件ごとの報酬が大きい
  • 事業を拡大しやすい
フリーランスドライバーのデメリット
  • 自分で案件を獲得しにいかなければいけない
  • 急用で代走が必要になった時は代わりのドライバーを自分で見つける必要がある
  • 雑務(見積書作成・請求書作成など)が増える

フリーランスドライバーは、言うなれば一人親方です。

自分で案件を見つけに営業し取引先と直接やり取りします。

その為、案件を獲得し続けることが出来れば事業が拡大し、それに伴って報酬も大きくなります。

ただし、案件を獲得できなければ報酬はゼロですし、急用(冠婚葬祭・事故・病気など)で現場に出れない時は自分で代わりのドライバーを探さなければいけません。

また取引先とのやり取りで見積書や請求書を作るなどの雑務もこなさなければいけません。

このようにフリーランスドライバーは、全ての業務を自分で行う事になるので、大きな報酬が目指せる反面、大変になります。

これから法人化して軽貨物の会社として大きくなっていくんだ!という目標をお持ちの方におすすめな働き方です。

委託ドライバーは自分で仕事を探さなくていい

委託ドライバーのメリット
  • 安定して稼げる
  • 急用やトラブルがあっても自分で対応する必要がない
  • 雑務がない
委託ドライバーのデメリット
  • 事業が拡大しない
  • 手数料が取られる
  • 案件は委託業者による

委託ドライバーとは、案件を紹介してくれる委託業者に登録して稼働するドライバーです。

案件の心配をすることなく安定して稼げるのが一番の特徴ですが、その他にも急用時の代走対応や雑務を委託業者が代行してくれるなどのメリットがあります。

ただし、委託業者へは案件の紹介手数料や雑務を代行する電算処理費が差し引かれることになります。

委託業者に登録して稼働するとは言っても、委託ドライバーも個人事業主であることに変わりはないのでガソリン代や車両のメンテナンス費用などの経費はドライバー持ちです。

委託ドライバーでいる限り事業を拡大することができないので、報酬も横ばいとなります。

最近はフリーランスドライバーの数が増えてきた

おすすめ軽貨物マッチングアプリ

一昔前までは軽貨物ドライバーというと、委託ドライバーで稼働する人が一般的でしたが、最近はマッチングアプリの普及もあってフリーランスドライバーとして稼働するドライバーも増えてきました。

マッチングアプリとは、スマートフォンの専用アプリ上で荷主とドライバーが案件の受発注をすることができるプラットフォームです。

代表的マッチングアプリとのピックゴーでは2020年時点で、登録ドライバーは15,000人以上、荷主は26,000人以上が利用していて、年々利用者が増えている状況です。

本業としてガッツリ軽貨物ドライバーとして稼働する方以外にも、主婦や学生などの副業としてマッチングアプリを使って稼働するドライバーも増えています。

これから軽貨物配送事業を始めようという方で軽バンを所有していなければレンタルしてもらうことも可能です。

ただしマッチング手数料は取られてしまうので、フリーランスドライバーというよりは委託ドライバーに近い働き方になります。

主なマッチングアプリの口コミや特徴などは別ページ詳しく比較しましたので、そちらのページをご覧ください。

⇒ 軽貨物マッチングアプリ比較

これから始める人は委託ドライバーがおすすめ

フリーランスドライバーと委託ドライバーの特徴をそれぞれご紹介しましたが、これから軽貨物配送を始める人には委託ドライバーをおすすめします。

最初は委託ドライバーとして始めて、配送経験を積み、横の繋がりとして知り合いのドライバーを増やすなどしてフリーランスドライバーになるのが手堅い方法です。

ちなみに、フリーランスドライバーの開業資金の目安は50万円~200万円になりますが、委託ドライバーの場合は初期費用ゼロで開始することができます。

⇒ 軽貨物ドライバーとして独立する為にかかる開業資金の内訳

このように配送業務に集中できるのが委託ドライバーのメリットになるわけですが、全ての委託業者が豊富に案件を持っているわけではありませんので、設立間もない委託業者は避ける方が無難です。

フリーランスドライバー、委託ドライバーそれぞれの特徴を念頭において配送業務にあたりましょう。

Twitterでフォローしよう