貨物保険とは

補償される事故内容
  • 破損
  • 盗難
  • 輸送用具の衝突
  • 水濡れ
  • 火災・爆発
  • 輸送用具の転覆・横転

貨物保険とは、貨物が予期せぬ事故で損害を受けた場合に、その損害額を補償してもらえる保険です

貨物保険にも色々と種類がありますが、軽貨物ドライバーが加入する貨物保険は『運送業者貨物賠償保険』になります。

運送業者貨物賠償保険では、走行中・車上仮置中・積み込み・荷降ろしなど業務中に荷物に損害を与えてしまった場合に補償されます。

貨物保険に関しては、ドライバー個人が加入する個別方式とドライバーが所属する会社が加入する包括方式があります。

包括方式の場合は、ドライバー個人が加入しなくても業務中の荷物の損害に対して補償されます。

ギグエコノミー系の運送の貨物保険状況

サービス名貨物保険
ピックゴーあり
ハコベルなし
ウーバーイーツなし
Amazon Flexなし
DIAqあり

最近はギグエコノミーでの働き方を主流にしているドライバーも多くいますが、ギグエコノミー系のプラットフォームでは包括方式によって貨物保険に加入している所もあります。

ギグエコノミーとは、インターネットを使って単発の仕事を受注する働き方で、軽貨物でもスマートフォンのアプリを使って案件に応募して案件を受注することができます。

ピックゴーやDIAqは包括方式で貨物保険に加入しているので、ドライバーが個別に貨物保険に加入する必要はありません。

ハコベル、ウーバーイーツは登録の条件としてドライバーが貨物保険へ加入することが必要になります。

アマゾンフレックスは貨物保険に加入しなくても登録することができます。

なお、別ページではギグエコノミーのプラットフォームを比較しているので、そちらのページも参考にどうぞ。

⇒ 軽貨物マッチングアプリ比較

貨物保険を扱っている保険会社一覧

※保険会社を選択すると、各保険会社の貨物保険詳細ページがご覧になれます。

保険会社サービス名免責金額年間保険料
三井住友海上運賠安心デリバリー5万円約37万円
AIG損保運送業者貨物賠償責任保険3万円・5万円・10万円・20万円・30万円・50万円のいずれか売上高方式
車両特定方式
軽貨物車特定方式
から、選べる
東京海上日動運送業者貨物賠償責任保険5万円約56万円
損保ジャパン商賠繁盛(運送業)5万円約22万円

保険会社によって貨物保険のサービス内容は変わってくるので、一概に言えませんが軽貨物ドライバーにおすすめなのは損保ジャパンの商賠繁盛(運送業)になります。

なにより年間の保険料が安いですし(一ヶ月18,333円)、支払いの限度額は1億円までになりますので軽貨物で扱う荷物を補償するには十分な保険内容です。

さらに貨物保険を安く加入する方法としては、軽貨物の組合や協会に加入して、そこのオリジナルの貨物保険に加入する方法もあります。

組合や協会によっては、年間10万円程度の保険料で貨物保険に加入できるところもあります。

一番安いのでいいので貨物保険は必ず加入しましょう

軽貨物ドライバーの中には貨物保険に加入せずに稼働している方もいらっしゃいますが、万が一のことを考えるとおすすめできません。

貨物保険では直接的な荷物の損害だけでなく、誤配による荷物の紛失、遅配による賠償責任の負担も対象となっていますのでドライバーにとって身近な保険と言ってもよいでしょう。

支払い限度額が高額な貨物保険もありますが、軽貨物ドライバーには支払い限度額5千万~1億円まで対応の保険で事足りますので各保険会社の一番安い貨物保険で検討することをおすすめします。

Twitterでフォローしよう