なるべく早くエントリー&接車する

ピックゴーの案件の中には『接車最短案件』があります。

接車最短案件とは、1番早く来れるドライバーを募集するという意味で荷主が最短最速での配達を希望している荷物になります。

このような案件獲得の為に、希望の案件が出たらなるべく早くエントリーして接車するようにしましょう。

エントリーすると接車まで何分という入力欄が出て来るので、最速でいける時間を入力するようにしましょう。

ただ、荷主側もこの接車時間を目安にドライバーを選んでいるので、接車時間に遅れて来るドライバーの評価は下がります。

嘘をつくことなく、なるべく早く接車するようにしましょう。

案件ごとの料金の目安を知る

ピックゴー料金目安
  • チャーター便:3,000円~
  • 買い物代行便:550円~
  • 定期配送便:時給換算2,000円~

ピックゴーには、大きく分けて4つの案件があります。

それぞれに目安となる料金がありますので、エントリー前に案件ごとの料金を確認しておきましょう。

これらの案件を組み合わせて効率的に稼ぐのがコツです。

具体的な案件の料金や案件例は別ページでまとめましたので、そちらのペーもご覧ください。

プロフィール写真とPRをしっかり作る

ピックゴーにはプロフィール写真とPRを設定する箇所がありますので、この欄をしっかり作るようにしましょう。

具体的には、写真は顔と車がはっきりと映った明るい画像を使うようにしましょう。

かっこよく撮るというよりも、印象良く映ったものを使うようにしましょう。

当たり前のことですが、ヒゲや寝ぐせはNGです。

小綺麗な服装(ポロシャツにスラックス)で撮るようにしましょう。

PRは今までの配送経験があれば記載し、笑顔や運転の事故歴などもアピールしましょう。

着実に運行評価を着実に積み重ねる

ピックゴーカピスター(ドライバー評価)

ピックゴーには、荷主がドライバーを評価する『カピスター』という制度があります。

カピスターは直近15回の評価から算出した平均値となります。

荷主はドライバーを決める際に、カピスターを目安に良いドライバーを選びます。

荷主からの評価をあげる為には挨拶、小綺麗な服装、接車時間の徹底、荷物の扱い方などを意識するようにしましょう。

他ドライバーと情報を共有する

案件によっては複数台での積み込み・配達の案件もあります。

このような時には他のドライバーとコミュニケーションをとる良い機会ですので、積極的にコミュニケーションをとって近況の情報を共有しましょう。

例えば、『◯◯の荷主が明日荷物出すって言ってたよ』って教えてもらえれば、その近辺で待機して、出来るだけ早く接車することで案件の獲得機会が増えます。

また時期によって、荷物が多く出る地域の情報を掴んでいれば、その近辺で待機することもできます。

他のドライバーはライバルでもありますが良き仲間でもあるので、機会があったら積極的にコミュニケーションをとりましょう。

月に100万円を超えるドライバーもいる!?

ピックゴードライバー

2020年5月放送のガイアの夜明け『物流を止めるな』にピックゴーのドライバーさんが出演されていましたが、多い月で110万円の売上があったと言います。

このドライバーさんは、週に4~5日稼働でこの金額を達成したとのことでした。

軽貨物配送では繁忙期が3月、7月、8月、12月になりますので、タイミングよく案件がこなせればもしかしたら月収100万円を達成する事ができるかもしれません。

なお最新のピックゴーの案件状況に関しては、別ページをご覧ください。

⇒ ピックゴーの口コミ・評価

コツを抑えればピックゴーで稼げる

ピックゴーのコツまとめ
  • なるべく早くエントリー&接車する
  • プロフィール写真とPRをしっかり作る
  • 着実に運行評価を着実に積み重ねる
  • 他ドライバーと情報を共有する

ピックゴーは2016年よりサービスが開始されたまだ新しいサービスですが、既に登録集荷先は26,000社以上となっています。

今回ご紹介した5つのコツを意識して取り組むことで100万円を目指すこともできるかもしれません。

ただ最初のうちはドライバーとしての評価もまだ未知数の状態になりますので、評価が貯まるまでの期間は案件を獲得するまで大変かもしれません。

最初のうちはエントリーしまくって評価の向上に努めるようにしましょう。

ちなみにピックゴーの配送エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉、兵庫、大阪、京都と全国対応とはなっていません。

なお、ピックゴーは専用のアプリを使って案件を獲得していきますが、使い方に関しては別ページでまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

⇒ ピックゴー(PickGo)の使い方

Twitterでフォローしよう