颯多物流株式会社の口コミや評判を見る!

埼玉県川口市に本社を構える颯多(そうた)物流株式会社は総合軽貨物運送事業・倉庫業の会社です。

『モノを運ぶ力が未来を作る』をキャッチフレーズに2013年の創業から着実に業績を伸ばしています。

そんな同社の秘訣を、佐々木幸司社長と颯多物流を内側から支えているスタッフに聞いてきました。

颯多物流のドライバーが稼ぎやすい理由

下請け仕事が少ないので案件あたりの単価が高い

颯多物流の特徴の一つが下請け仕事が少ない点にあります。

軽貨物運送の世界に限らず運送業の世界は下請けが当たり前の世界です。

ここでいう下請けとは、同じ軽貨物運送事業を営んでいる企業から案件を提供してもらうことです。

下請けの案件が多い企業は、直接荷主から案件を提供してもらうよりも仲介手数料が多く発生します。

ですから、同じ現場で同じ業務を行っていてもA社(下請け)とB社(直接)ではドライバーがもらえる賃金が変わってくるのが運送業の世界です。

しかし、颯多物流では荷主からの直接案件を中心にしている為、案件あたりの単価が高くドライバーにとって稼ぎやすい環境となっています。

現場対応のスタッフが徹底的にドライバーをサポートしてくれる

颯多物流では、ドライバーのサポート役として現場対応のスタッフを各エリアに常駐させています。

軽貨物の世界は働けば働くほど賃金が増えるという非常に魅力的な業界ですがその反面、慣れないうちは稼ぎずらいというデメリットもあります。

その為、配送未経験者にはハードルの高い業界でもありました。

颯多物流では、現場ごとにLINEグループを作り、その日の荷物の状況を逐一ドライバーに連絡させることによってスタッフ全員で現場を管理しています。

このようなサポートが受けられるので、ドライバーも積極的に稼げる現場にチャレンジできるようになっています。

希望者には正社員登用のチャンスもある

颯多物流社内キャリアアップシステム

颯多物流では、希望者にはドライバー(個人事業主)からの社員登用のチャンスがあることもドライバーのモチベーションとなっています。

実際、現在颯多物流では20人程度のスタッフが在籍していますが、ほとんどがドライバー出身者です。

また、社員スタッフとなってからも仕事の成果によっては役職者へのステップアップも目指せる組織となっています。

このように、正社員登用のチャンスがあり、さらに努力次第でその上にまで昇進することができるというモチベーションで働けるのは、颯多物流で働く上での大きなメリットと言えます。

スタッフインタビュー

颯多物流のスタッフに現在のお仕事内容と颯多物流に入社した感想などをインタビューさせていただきました。

ドライバー兼内勤 市島正明さん

颯多物流ドライバー兼内勤(市島正明さん)
市島さんのインタビューを見る
かるかも
現在の仕事内容を教えてください。
市島さん
ドライバーと内勤を兼務しています。

ドライバーとしては大手ECサイトの配達、内勤としては他のドライバーさんの車の名義変更手続きなどを代行して行っています。
かるかも
颯多物流に入社して一ヶ月が経ちましたが、現在の率直な感想を教えてください。
市島さん
毎日がすごく新鮮で楽しいです。

配送業未経験で颯多物流に入って正直不安でしたが、先輩スタッフの方からのサポートもあってなんとかやれています。

現在60歳ですが、毎日チャレンジ精神で頑張っています。
かるかも
配送業未経験とのことですが、仕事はすんなりこなせていますか?
市島さん
実はまだまだ半人前で迷惑をかけてばかりです。

先日、現場の横乗り(研修)が終わって初めて一人で配送しましたが、10時から17時まで稼働して5個しか配達することができませんでした。

配達にはカーナビとスマートフォンを使っていますが、これらの使い方もまだ上手く使えない状況で毎日一生懸命仕事に励んでます。
かるかも
今後の目標を教えてください。
市島さん
まずは一人前のドライバーになるのが目標です。

最低限、任された荷物は一人で全て配達できるようなりたいです。

60歳未経験者でもやればできるということを証明します。

ホームページ担当 神原宏基さん

颯多物流営業戦略部(神原宏基さん)
神原さんのインタビューを見る
かるかも
現在の仕事内容を教えてください。
神原さん
ホームページの更新・求人媒体のデザインチェックを担当しています。

現在の颯多物流のホームページは私が作りました。
かるかも
颯多物流のホームページで特に見てもらいたいページや運営する上で気を付けている点などありましたら教えてください。
神原さん
颯多物流求人ページ
見てもらいたいページは求人情報ページです。

このページは求人媒体を作ってる企業にも協力してもらって作ったページで、特に力を入れています。

全体のホームページのことで言えば、新規でホームページに訪問してくれた人がとっつきやすいページを目指しています。

その為に、サイト全体の印象を明るくすること、文字だけでなく爽やかな写真を入れることなどに注意しています。
かるかも
今後の目標を教えてください。
神原さん
今後はスタッフの顔がより見えるホームページを心がけて手を加えていきたいと思っています。

ITの世界にここまでやったら終わりというラインはないと思うので、今後もwebデザインのスキル向上に努めてより良いホームページが作れるように頑張ります。

配車担当 渡邉貴法さん

颯多物流営業本部長(渡邉貴法さん)
渡邉さんのインタビューを見る
かるかも
現在の仕事内容を教えてください。
渡邉さん
主に弊社所属のドライバー及び、弊社の案件を任せている他社ドライバーの配車を担当しています。

約200台の配車を毎日行っています。
かるかも
ドライバーと接する上で気を付けていることなどあれば教えてください。
渡邉さん
ドライバーとの距離感には気を付けています。

私はドライバーからスタッフになりましたので、現場にも仲の良いドライバーが多くいます。

しかし公私混同してしまうと他のドライバーからも不満が出てきますので、なるべく公平に案件を配車するように心がけています。
かるかも
ドライバーからスタッフになった感想を聞かせてください。
渡邉さん
スタッフになった最初の頃は、配車業務が分からず大変でした。

またドライバーだった頃は自分のことだけを考えて仕事していればよかったことが、スタッフになってからはドライバーのことを管理することになったので、精神的にも大変でした。

ただ、今はその大変さにも徐々に慣れてきて楽しめるようになってきました。
かるかも
今後の目標を教えてください。
渡邉さん
仕事のことで言えば、週に2日しっかり休める仕組みを作る事が目標です。

今はまだ仕組みが作れていないので、休日でも電話が鳴る状態でゆっくり休めないこともあるので、しっかり休める状態を作りたいと思っています。

プライベートでは、家族で地方に移住してのんびり暮らしたいと思っています。

昔からそういう暮らしに憧れていたので、今は仕事をバリバリ頑張って早期引退できるように頑張っています。

ちなみに妻とはドライバー時代に颯多物流の現場で知り合って結婚しました。

颯多物流という会社に出会えて本当に良かったと思っています。

常務執行役 小笠原鎮民さん

颯多物流常務執行役(小笠原鎮民さん)
小笠原さんのインタビューを見る
かるかも
現在のお仕事内容を教えてください。
小笠原さん
社内の内部統制の仕組みを作っています。

内部統制というのは、企業の事業目的や経営目標に対し、必要なルール、仕組みを作って、適切に運用することです。

例えば颯多物流では、ドライバーの稼働状況が一目で分かるように毎日エクセルで管理しています。

エクセルでの打ち込みはアルバイトさんにお願いしていますが、私がこのエクセルのフォーマットを作っています。

このデータをもとに最適な仕事量を割り出して各ドライバーが希望する売上まで到達させます。

これはほんの一例ですが、こういった仕組み作りに力を入れています。

かるかも
仕事での悩みなどがあれば教えてください。
小笠原さん
社内ルールを作るのが私の仕事ですが、それを他の幹部社員やドライバーに浸透させていくことに難しさを感じています。

そういう意味でコミュニケーション能力が不足しているのが現在の悩みです。

ただ、困難を困難だと感じないタイプで、現在悩みがあることがやりがいに繋がっています。
かるかも
今後の目標を教えてください。
小笠原さん
現在、自分が持っているスキルがまだ最大限表現できていないので、まずは自分の力を100%発揮して颯多物流の企業価値を高めたいと思っています。

これからの軽貨物運送は今までのような案件を捌いてるだけの企業は廃れていくと思っています。

コンプライアンスをしっかり守る事はもちろん、ドライバーやスタッフが働きやすい環境を作ることが今後の軽貨物運送の業界でも必要です。

颯多物流の内側をしっかり固めてドライバーが売上が上がりやすい環境を作っていくのが今後の目標です。

専務執行役 大平元気さん

颯多物流専務執行役(大平元気さん)
大平さんのインタビューを見る
かるかも
現在の仕事内容を教えてください。
大平さん
ドライバー希望者の面接、新規取引先開拓の営業活動、現場でのドライバー指導が主な仕事です。
かるかも
ドライバー面接ではどのようなポイントを見たり聞いたりしていますか?
またどのようなドライバーを求めていますか?
大平さん
やる気のあるドライバーを求めています。

その人が将来どうなりたいのか聞くようにしていて、ドライバーとしてバリバリ稼ぎたいのであれば稼げる現場の話をしますし、ゆくゆくはスタッフを希望する人であればドライバーからのステップアップの流れなども説明します。

ですから、主婦の方や未経験者でもやる気があれば大歓迎です。

弊社では、現場対応のスタッフが各現場に常駐していますので未経験者でも稼げる仕組みが構築されています。

安心してご応募いただければと思います。

かるかも
現在、課題に感じていることがあったら教えてください。
大平さん
現在、営業所が6箇所(栃木県小山市/栃木県宇都宮市/茨城県土浦市/群馬県太田市/群馬県高崎市/埼玉県行田市)にありますが各営業所で働くスタッフと今後上手くコミュニケーションを取っていくことが課題だと思います。

スタッフが増えてきて個人個人がやっている仕事が見えづらくなっていると感じています。

これを全員が今、何をやっているか見える化することがより効率的に案件をドライバーに任せることに繋がっていくと思います。
かるかも
今後の目標を教えてください。
大平さん
独立して颯多物流を超えるような企業を作りたいと思っています。

一番最初に佐々木社長に会った時に、同世代なのに自分との差をとても感じました。

その頃から佐々木社長を目標に働いてきました。

今後は独立して颯多物流を超える会社を作る事と人間としても佐々木社長に追いつくことを目標に頑張ります。

社長インタビュー

颯多物流株式会社佐々木幸司社長
氏名佐々木幸司(ささきこうじ)
年齢41歳
出身地北海道帯広市
生年月日1979年1月23日
最終学歴北海道音更高等学校
趣味犬の散歩
座右の銘一日一善

ドライバーの希望に応じて適切な現場を用意する

かるかも
現在の主な案件を教えてください。
佐々木社長
大手EC系の配達業務が8割、他はルート配送などの企業配です。

稼ぎたいドライバーにはがっつりEC系の配達業務に入ってもらって100万円を稼ぐドライバーも出てきています。

そこまで稼ぎたいわけじゃないけど、安定した稼ぎが欲しい人には企業配で平日(月~金)のみ稼働してもらっています。

ドライバー全ての希望に添えるわけではありませんが、出来るだけドライバーの希望に添った案件を提供したいと考えています。
かるかも
ドライバーが御社に所属するメリットはありますか?
佐々木社長
弊社の特徴の一つとして直接取引先とやり取りして、ある程度まとまったエリアをいただくようにしています。

その為、未経験者でも周りのエリアのドライバーや弊社スタッフとも荷物調整が行いやすく、業務にもスムーズに取り組んでもらえています。

また直接取引で単価交渉も行えるので、他軽貨物事業者よりも比較的高く案件を紹介できます。

未経験者に優しい点、比較的高い案件を紹介出来る点の2点がドライバーが弊社を選ぶメリットだと思います。

トップから仕事への姿勢を見せる

かるかも
事業経営する上で注意している点などあれば教えてください。
佐々木社長
会社のトップである私から仕事に対する姿勢をスタッフに見せる事を意識しています。

当たり前ですが朝は他の社員同様に9時に出勤しますし、新しい現場の立ち上げ時にはドライバーと取引先まで出向きます。

軽貨物で脱サラして少し成功してくると、社長は現場にも行かなくなるし出勤時間も曖昧になる人が本当に多いのが現状です。

そうなればそんな社長を見てスタッフは怠惰になるし、そんなスタッフを見てドライバーが現場で問題を起こします。

まずはトップである私から当たり前のことを当たり前に行うことを意識しています。

だから社長出勤なんて考えられないですね。

チャレンジ精神のある企業文化を作る

かるかも
颯多物流で大切にしている企業風土を教えてください。
佐々木社長
弊社で大切にしていることの一つに、失敗してもいいからやってみるチャレンジ精神の受け入れがあります。

その為に、定期的に全社ミーティングを行い稟議を上げてもらっています。

スタッフが自分発信で自由に働ける環境を作る事を意識して経営しています。

目標は年商30億

かるかも
今後の目標を教えてください。
佐々木社長
年商30億円を目標にしています。

ただ、今荷主様から求められてる所は管理の所だと感じているので、これまで以上に任された現場に責任を持ってスタッフ全員で管理する事が大切だと思います。

また弊社で働いてくれているスタッフへの福利厚生の部分も充実させて企業価値を上げながら、年商30億円という数字に向かって頑張りたいと思っています。

会社概要

会社名颯多物流 株式会社
代表取締役佐々木 幸司
本社所在地埼玉県川口市鳩ヶ谷緑町1-3-2
設立2013年7月
連絡先電話:048-291-8098
FAX:048-291-8108
ホームページhttps://www.souta-transport.com/

颯多物流を取材した感想

今回は埼玉県川口市に本社がある颯多物流株式会社で働くドライバー、幹部スタッフ、佐々木社長にお話を伺いました。

設立が2013年と比較的若い企業でありながら、とても強固な組織を作っていて、活気があるというよりもドッシリとした大企業の様な雰囲気がありました。

ただ、そこで働くスタッフの方は生き生きとされていて、取材させていただくとベンチャーのようなフレッシュさも感じました。

颯多物流のように階層が整っていることは、荷主としても現場を任せやすく、かつドライバーも安心して働けます。

また、ドライバーからのステップアップの道も整備されているので、ドライバーの仕事へのやりがいにも繋がります。

颯多物流で働けるドライバーは幸せだなぁと感じました。

ドライバー未経験者、女性、主婦、高齢者でもやる気があれば稼げる環境が整っていますので、一度面接で話を聞いてみることをおすすめします。

Twitterでフォローしよう